スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「もりのかくれんぼう」見つけるのが大変です

「もりのかくれんぼう」は秋にぴったりの遊べる絵本です。秋の森に迷い込んだけいこは”もりのかくれんぼう”と出会い、動物たちとかくれんぼをします。かくれんぼうと動物達は絵本の森の絵の中に隠れています。よーくみないと見つからないんです!!ホント上手に隠れています!!3才のちびは初めはなかなか見つけられませんでしたが、何度も何度も見ているうちに全部の動物とかくれんぼうを見つけることができるようになりました。ちびはとにかく気に入って、またこれーと言ってしまうほどはまりました。また、森に迷いこんだけいこをおどかす、かくれんぼうの詩「だあれもいない もりのみち そうかな、どうかな ほんとかな だれかがいるよ もりのみち こわいかな こわいぞう」もお気に入りで、お散歩で自然がいっぱいの遊歩道を歩いた時口ずさんでいました。すっかり覚えていたことにびっくり。子供をおひざに乗せて親子でじっくり味わえる絵本だと思います。

>>「もりのかくれんぼう」を詳しく見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/10/07 01:12 】 | 日本の絵本 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<「ぶたぶたくんのおかいもの」おつかいに行きたいな | ホーム | 「舌ながばあさん」おばけの話だけど森林伐採はいけません!>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/07 01:19】 | | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/69-f7f0ed89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。