FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「舌ながばあさん」おばけの話だけど森林伐採はいけません!

「舌ながばあさん」はおばけの昔話です。舌ながばあさんとは、字の通り舌のながーいばあさんで、おにの朱のばんと一緒に人間をおどかすのが楽しみです。ところが、おどかす人間が山にやってこなくなりました。どうしたのかと村に行くと・・・、山のふもとまですっかり木が切られていました。そのため川の水がせき止められ、作物が育たず村人達はとても苦しんでいます。人間が元気がないとおどかしがいがないと舌ながばあさんと朱のばんは川の水を引くように頑張ります。そんなこんなで水が流れ、元通りになった村人に、舌ながばあさんは言います。「おまえたちが、森の木をぜんぶ切るからあんなさわぎがおきたんじゃ。今すぐ、山に木をうえて森をもとどおりにするんじゃ」今、地球上でどんどん木が切られています。森林伐採のこわさを知るにはいい絵本かと思います。ただの昔話としても、とても楽しく、絵も魅力的です。おねえちゃんはとにかく、舌のながーいのがおもしろかったようです。

>>「舌ながばあさん」を詳しく見る

スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/10/04 22:12 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「もりのかくれんぼう」見つけるのが大変です | ホーム | 「アンナの赤いオーバー」「ペレのあたらしいふく」お洋服ってこうやって作るのです!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/68-31c39c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。