FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「三びきのこぶた」原作に近いお話

「三びきのこぶた」とても有名なお話ですよね。私も幼い頃、父に何度も読んでもらった記憶があります。そのあらすじは、わらの家を建てた子ぶたは、オオカミに家を吹き飛ばされ二番目の木の家の子ぶたの家に逃げ込みます。さらに木の家も吹き飛ばされ三番目のレンガの家の子ぶたの家に逃げ込みます。そこへオオカミがやってきて吹き飛ばそうとしますが、レンガの家はびくともしません。そこでオオカミは煙突から入り、ぐらぐら煮えたお湯にポチャン!!あちちーと逃げていく、とこんな感じです。多くの方がこの様な内容のお話を知っているのではないでしょうか?福音館の「三びきのこぶた」はぜんぜん違います!!一番目と二番目の子ぶたは食べられてしまいますし、三番目の子ぶたとオオカミはだまし合いをしながら、畑へいったりお祭りへ行ったりします。そして最後の場面では、子ぶたは煙突から落ちてきたオオカミを煮て食べてしまいます!!結構残酷なんです。でも、この絵本が原作に近いと言われています。話の筋をかえた理由は子ぶたがオオカミに食べられてしまうのでは、子どもには残酷なのではないかという大人の考えからのようです。どうでしょう??残酷は子どもにとってそんなに悪いことでしょうか?原作とかけ離れた内容は大人の甘さが反映していて真実が見えにくくなっているのではないでしょうか?幼いからこそ心を動かす原作を読んであげてみてください。

>>「三びきのこぶた」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★★

スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/09/11 22:00 】 | 外国・英語の絵本 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<「アンナの赤いオーバー」「ペレのあたらしいふく」お洋服ってこうやって作るのです! | ホーム | 「せいめいのれきし」地球って?>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/26 09:22】 | | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/66-bfeba94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。