FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「とりかえっこ」幼児絵本?

「とりかえっこ」をちびちゃん(3才3ヵ月)に読み聞かせました。実は、以前から我が家にあった絵本ですが、私はちびが3才になるまで読まずに待っていたのです。それは、幼稚園の年少組の読み聞かせ担当になった時、担任の先生に「三歳児には難しいので違う本にしてください」と言われた絵本だったからです。このお話はひよこが、色々な生き物と会って鳴き声を交換していくというものです。鳴き声の交換が理解できなく、絵本のおもしろさが伝わらないそうです。で、試してみました。一回目「ちがうよ、ひよこはピヨだよ」「なんで~」と言っていましたが、「もう一回」といわれ、二回目は解説と指差しをしました。鳴き声をとりかえっこしたことを強調して、鳴いている生き物を指差ししたら、やっと理解できたようです。そして三回目、普通に読んで「おもしろーい」と言いました。その後も一人で、ぴよぴよ、ゲロゲロとページをめくりながら楽しんでました。やっぱり、三歳児の集団での読み聞かせには難しいかもしれません。ちなみに、おねえちゃんは五歳の時に読み聞かせ、一回で理解でき、楽しんでました。三歳児のお母さん、ぜひ試してみてくださーい!!

>>「とりかえっこ」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★☆
スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/08/01 00:15 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「わゴムはどのくらいのびるかしら?」あ~切れちゃうよ!! | ホーム | 「がぶりもぐもぐ」食物連鎖のお話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/50-0505a06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。