FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「めっきらもっきらどおんどん」

夏も近くなってきたので、「めっきらもっきらどおんどん」を娘達に読み聞かせました。この絵本は、だれも遊ぶ人がなく、つまらない男の子が適当に言った呪文によって、不思議な世界に迷い込むお話です。不思議な世界で一緒に遊ぶ三人組がかわいく、迫力ある絵とおもしろいストーリーに子どもは引き込まれます。もう一回と何度も読まされました。田舎の暑ーい夏を連想し、せみの鳴き声が聞こえてきそうな描写が、なんか子どもの頃を思い出し、懐かしく思ってしまいました。読んであげるなら4、5歳から、児童が自分で読んでも面白い本です。

>>「めっきらもっきらどおんどん」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★★
スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/17 23:04 】 | 夏休みのおすすめ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「オットー」戦火をくぐったテディベァ | ホーム | 2007読書感想文コンクール課題図書「あきらめないこと、それが冒険だ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/38-0747a65f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。