スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

年末年始に読みたい本①「かさじぞう」

十二月も後半になり、クリスマスソングがたくさんの店から聞こえてきます。きっとクリスマスが終わるとあっという間に、今度はお正月の装飾に変わるんでしょうね。イエスキリストの誕生日であるクリスマス・洋から日本の伝統的なお正月・和にころっと変わる、ほんと不思議な国ですよね。日本の伝統を感じられる、年末年始に読みたい絵本がいくつかあります。毎年この時期に幼稚園の読み聞かせや自宅で我が子に読んでいます。年末のお話「かさじぞう」です。貧しいおじいさんとおばあさんが正月のご馳走を買うお金を得るために、かさを売りにいきますがまったく売れず、帰り道に雪で寒そうなお地蔵様にかさをかぶせてあげます。すると夜中にお地蔵様がお宝を持ってきてくれるという有名なお話。昔話はなかなか読む機会が少ないのですが、この時期にぴったりのお話なので子供達も興味を持ちやすいのではないでしょうか?昔話の独特なカタリ言葉で読み聞かせるなら、福音館のかさじぞうがいいとおもいます。ですが、我が家にあるのは佼成出版のかさじぞうです。こちらの絵が気にっていることと、このシリーズを集めているからです。どりらもおすすめです。ぜひ、年末に子供達にかさじぞうを読み聞かせて日本の文化の伝承しようではありませんか!!



>>福音館の「かさじぞう」を詳しく見る



>>佼成出版の「かさじぞう」を詳しく見る

スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/12/21 00:12 】 | 絵本読み聞かせについて | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<再開します | ホーム | 「てぶくろ」年少さんの時劇をしました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/108-6c23c33a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。