スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「ゆきむすめ」冬になると読みたくなります

「ゆきむすめ」はおねえちゃんが小さい時から大好きな絵本です。私も冬になるとなぜか読みたくなります。子供のいないおじいさんとおばあさんが雪で女の子を作りました。すると突然雪の女の子は動き出しゆきむすめに・・・。おじいさんとおばあさんにかわいがられて大きくなりますが、春がくるとゆきむすめは家にこもって外にでようとしません。そして夏がきます。おじいさんとおばあさんにすすめられ、ゆきむすめは友達と森にでかけます。ですが、夜になると友だちはたきびをはじめ、その火をとびこえる遊びがはじまりました。そして、ゆきむすめもたきびの火を飛び越えると・・・、ゆきむすめはきえてしまいました。という不思議な話。子供たちはゆきむすは雪でできているので暑いのが苦手なことをちゃんと理解しています。だから、春の場面でもとけてしまわないかとドキドキし、夏の場面では、外にでたらとけちゃうよ!とハラハラしながら聞いています。そしてとうとう、たきびの上を飛ぶことになりました。子供たちはどうなってしまうんだろうと心配していると、ゆきむすめは消えてしまいます。読み終わった後、しばらく無言でした。”どうして消えたと思う?”と聞くと”とけてゆげになっちゃったんじゃない?"とわかっているようです。ゆきむすめが消えてしまうのが少しかわいそうですが、子供たちにはドキドキ感と結末が予想外でおもしろいようです。年中さんぐらいから理解できると思います。集団での読み聞かせにも向いている絵本だと思います。



>>「ゆきむすめ」を詳しく見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/12/04 23:59 】 | 日本の絵本 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<「いいからいいから」ほんとにいいの? | ホーム | 「あおむしくん」毛虫から蝶になるまでの写真絵本>>
コメント
はじめまして。

うちの長男(4歳)も、最後、読み終えると、しばらく無言でした。

大人が読んでも、余韻の残る作品ですよね。

よかったら、トラックバックはらせてください。

【2007/12/06 01:31】 | URL | はは #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます。ははさんのところを見にいかせてもらいました。興味ある絵本がいっぱいですね!こちらこそよろしくお願いします。
【2007/12/06 11:28】 | URL | ウサギのたまご #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/103-8fbe735b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。