スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「サンタクロースっているんでしょうか?」

クリスマスが近づいてきて、町でもイルミネーションやクリスマスプレゼント売り場が目立ってきました。我が家も少しですが、庭にイルミネーションをつけ、家の中にクリスマスツリーをかざりました。子供たちもプレゼントに何をお願いしようか毎日考えています。ですが、一年生のおねえちゃんはそろそろサンタクロースを疑うようになってきました。そして、先日はじめて「サンタクロースってお父さんなの?」と聞かれました。私は少しあせったのですが、「サンタはいるよ!!そう思わない?」と聞くと納得したようにうなずきました。どうにか今年はごまかした・・・。でもいつかはバレルのでしょうね・・・。「サンタクロースっているんでしょうか?」は以前から知っている本でした。子供がサンタを疑ったらこれを読んであげようとずっとおもっていました。ですからさっそく、おねえちゃんに読んでみました。この本はバージニアという8歳の女の子が、学校でサンタクロースはいないといわれ、お父さんに本当にいないのか聞きました。するとお父さんは、新聞社に聞いてごらんといいました。そこでバージニアは新聞社へ「サンタクロースっているんでしょうか?」と手紙を書きました。数日後、新聞の社説にバージンアの質問の答えが載るのです。その社説の文章がまとめられたものがこの本です。この回答はとても心の温まる、ステキなものです。社説ではっきりとサンタクロースはいます!、目に見えるものだけを信じてはいけないと書いてありました。ほんといそうですよね。人を思う気持ちだって目に見えないし、触ることも出来ない。でもその気持ちは本物ですから。娘に読み聞かせましたが、残念なことに少し難しかったようです。(英語を日本語に訳しているせいもあるでしょう。)ですが、サンタクロースがいる、目に見える世界がすべてではないということは理解できたようです。これで後数年はサンタクロースを疑いそうもありません。この本は大人向きかもしれません。私は読んでいてとてもやさしい気持ちになれました。サンタを疑っている、少し大きめのお子さんにぜひ読んでみてあげてください。また、「サンタの友だちバージニア」という、バージニアについての本も出ています。興味おある方はこちらも読んでみたらいかがでしょうか?



>>「サンタクロースっているんでしょうか?」を詳しく見る



>>「サンタの友だちバージンア」を詳しく見る


スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/11/29 23:51 】 | 外国・英語の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「へんてこもりにいこうよ」しりとり遊び | ホーム | 「マンモスの謎」とても分かりやすい説明で楽しめます>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonyomikikase.blog109.fc2.com/tb.php/100-f0cf659f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。