FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑

「がぶりもぐもぐ」食物連鎖のお話

「がぶりもぐもぐ」この絵本はスゴイです!はじまりは小さなはっぱで、これをイモムシが食べ、そのイモムシをキリギリスが食べ、そのキリギリスをクモが食べ・・・、どんどん大きく、強いものに食べられていきます。絵は比較的かわいらしくなっていますが、ホントに食べられている絵でちょっと衝撃的です。残酷なようですが、これが食物連鎖です!!そして、人間はこれらの食物連鎖の恩恵を受けて生き延びています。飽食の世の中、子ども達にはぜひ食べ物の大切さを知って欲しいと思います。おねえちゃんの感想は「食べちゃった・・・。スゴイ」でした。でも、「もう一回」と続けて二回読みました。きっと何か感じるものがあったのではないでしょうか??読み聞かせるなら5歳ぐらいから
、一人で読むなら小学生でも楽しめる絵本です。今度、小学校の読み聞かせで読んでみたいと思った絵本でした。とにかく、おすすめです!!

>>「がぶりもぐもぐ」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★★
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
スポンサーサイト
【2007/07/31 23:48 】 | 外国・英語の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「ノンタン いたいのとんでけ~☆」転んだ時のおまじないをノンタンバージョンに変えました

とにかく、ちびちゃんはノンタンシリーズの絵本が大好きです!!図書館に行くと、その日にあるノンタンの絵本をすべて借ります!何度も同じ絵本です!!カンベンして欲しい・・・。最近のお気に入りは「ノンタン いたいのとんでけ~☆」です。ノンタンが転ばしてしまったタータンに「いたいのとんでけ~」をしてあげます。痛いのをお山に飛ばすと、お山が怒り、海に飛ばすと海が怒りと、ノンタンは困ってしまいます。そこで最後にいたいたいかいじゅうに飛ばすと、かいじゅうは喜んでいたいたいをパクリ!!それから数日後、ちびが転んで泣いた時、「いたいのお山にとんでけ~☆」といつも通りにしたら、「だめだよ!お山が怒る、いたいたいかいじゅうにして~!」と泣きながら言いました。(かわいくって、ぎゅってしてしまいました)ということで、我が家のいたいたいとんでけ~はノンタンバージョンに変更されました。ノンタン絵本は2・3歳の子どもには、とても楽しめます。正直、私はノンタン=ちあきのイメージが強く、ちょっと抵抗があったのですが・・・。


>>「ノンタン いたいのとんでけ~☆」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/29 23:24 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

実は私はハリー・ポッターのファンなんです。本もDVDも全部持っていて、映画は毎回、子ども達を夫に無理やり預け、一人で映画館へ。ですが、今年は違う!!おねえちゃん(小1)が一緒に行くと言うのです!!おねえちゃんが2才の時から、夏といえばアンパンマンの映画で、毎年楽しみにしていたのですが・・・。今年はなんと「私は行かない、あんな子どもっぽいもの、もういいわ!」ですって!!私はあまりの驚きに、しばらく言葉が見つからなかったのですが、すかさず「ママとハリー・ポッター行く?」と聞いたら、「行く、行く、ハリー・ポッター大好き」ということで行くことに決定しました!!そこで早速、復習しようと、本棚がらハリー・ポッターと不死鳥の騎士団を引っ張り出し、おねえちゃんに読み聞かせてみました。正直、固有名詞が読みずらくなかなか進まないのですが、結構理解しながら聞いています。ですが、このペースだと、映画が終わってしまいそうです・・・。クライマックスは映画館でということでいいかなぁと思ってます!ちょっと残念なのは、今回は日本語吹き替え版を見ることになりそうだということです・・・。でも、おねえちゃんの成長を感じられたので我慢します!
一人で読むなら、小学校高学年から楽しめます。おすすめ児童書です!

>>「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/29 00:28 】 | 児童書 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑

「あさえとちいさいいもうと」おねえちゃんの気持ち

「あさえとちいさいいもうと」、この絵本は実家にあるため我が家では購入していないのですが、何度もおねえちゃんに読み聞かせた絵本です。なのに、夏休み用に学校から借りてきました!!よっぽど好きなのでしょうね~。妹がお昼寝をしている間に、お母さんは出掛けてしまい、起きてきた妹の世話をするおねえちゃんの姿がかわいく、抱きしめてあげたくなっちゃいます。妹がいなくなって、おねえちゃんが一生懸命妹を探す場面では、うちのおねえちゃんが心配そうな顔で聞き入っています。同じおねえちゃんとして共感するものがあるのでしょうね。妹ちびは最後に「あっ、いたー!」と叫びよろこんでいました。姉の心、妹知らず・・・。とにかく、我が家のおねえちゃんのお気に入り絵本です。おねえちゃんのいる方はぜひ一度読んでみてください!!おすすめです。



>>「あさえとちいさいいもうと」を詳しく見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/27 23:02 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「かさぶたくん」かさぶたとりたーい!

「かさぶたくん」はおねえちゃんが年中の時に、何度もかさぶたをはがし流血したので読んであげた絵本です。「どうして、かさぶたはとっちゃいけないの?」と言う質問に分かりやすく、楽しく答えてくれています。かさぶたの科学的な説明はちょっと難しいのですが、絵本の中の子ども達の、かさぶた話がすっごく面白く、楽しめます。幼児には少し難しいですが、かさぶたはとらなくなると思います。絵に細かい説明がいっぱいあるので、親子でじっくり楽しむ絵本で、集団での読み聞かせには向かないと思います。

>>「かさぶたくん」を詳しく見る
おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/25 17:46 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「おへそのあな」赤ちゃんがのぞいてます

「おへそのあな」を娘達に読み聞かせました。この絵本はお母さんのおなかの中にいる赤ちゃんが、お母さんのおへそのあなから家族の様子を見ているお話です。お兄ちゃん、お姉ちゃん、祖父母などみんなが赤ちゃんの誕生を楽しみにしていて、読んでいるだけで幸せな気分になります。赤ちゃんがおなかからのぞいている場面の絵は、上下が逆(赤ちゃんはおなかの中で逆さまに入っているので)になっているのですが、ちびちゃんは字が読めないので、「ママ、絵本、逆さまだよ」と何度も言っていました。(ちゃんと説明して、最後は納得したようですが・・)絵本を読み終わった後、「ねぇ、おなかの中にいた時、ママのおへそからのぞいてた?」と娘達に聞いたら「うん、のぞいてたよ」と二人とも言っていました。ほんとかなぁ・・・??赤ちゃんはみんなに祝福されて生まれてきたんだということがわかる絵本です。親子で読めるおすすめ絵本です。

>>「おへそのあな」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/24 22:30 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「おっきょちゃんとかっぱ」夏のお話

「おっきょちゃんとかっぱ」は夏にぴったりの、ちょっと不思議なお話です。おっきょちゃんはかっぱに誘われて川の世界に入り、かっぱの子になってしまいます。ですが、お母さんの作ったお人形を見つけ、お母さんのところに帰りたくなり、すいこさまに教わった方法で陸の世界に戻ることができます。その方法がとてもおもしろく、子ども達をひきつけます。母親である私は、おっきょちゃんのお母さんの気持ちが痛いほどわかり、知らない人に勝手について行ったらだめでしょ!!と言いたくなってしまいます。幼児から小学校低学年まで楽しめる絵本です。夏休みの読み聞かせにおすすめです。

>>「おっきょちゃんとかっぱ」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/24 14:36 】 | 夏休みのおすすめ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書「ゆりかごは口の中」

読書感想文コンクール小学校中学年課題図書「ゆりかごは口の中」を読んでみました。この児童書は、エンゼルフィッシュをはじめ、色々な魚が子育てをする様子が描かれています。夫婦で子育てする魚、口の中に卵をいれて子育てする魚など、魚の子育てを通して進化についても触れています。小さな魚でも、我が子を守るため少しずつ進化をしたり、兄弟が赤ちゃん魚を世話したりと、大人の私が知らなかったことがいっぱいあり、とても面白かったです。生物の好きな男の子にはおすすめ児童書です。魚の写真もいっぱいあり、読書が得意でない子にも読みやすいかもしれません。魚を飼ってみたくなりました・・・。

>>「ゆりかごは口の中」の詳細をみる

おすすめ度:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/23 12:04 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書「ピトゥスの動物園」

読書感想文コンクール小学校中学年課題図書「ピトゥスの動物園」を読んでみました。仲良しグループのひとりが病気になり、外国に治療に行かなくてはならなくなりました。多額の費用がかかるため、子ども達が地元の動物を捕まえて動物園を開き、お金を寄付しようと頑張るお話です。子ども達の友達を助けたいという気持ちとどうすれば成功するか考え実行する力がすばらしいと思いました。また、動物を捕まえる方法とかが、子どもらしくてかわいく、勉強にもなりそうです。中学年向きの児童書としては、字は小さくボリュームもあります。日ごろ、読書に慣れている子向きだと思います。児童書ですが読み聞かせるなら、幼児から楽しめると思います。

>>「ピトゥスの動物園」を詳しくみる

おすすめ度:★★★★★


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/20 17:20 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(2) | page top↑

「うんちしたのはだれよ」うんち大好き!おおうけです

「うんちしたのはだれよ」これは最高にうけました!この絵本は、頭の上にうんちを落とされたモグラ君が犯人を捜しに、色々な動物に「うんちをしたのはきみ?」と聞いて回ります。そして最後に犯人をみつけます。ちびちゃんはうんち、おしっこと言っては喜ぶ年代、そんな子にはとにかくうけます。恥ずかしさがでたおねえちゃんでさえ喜んでいました。色々な動物のうんちが出てきて、少し生き物のお勉強にもなるのでは?幼稚園、学校での読み聞かせにも向いている絵本だと思います。

>>「うんちしたのはだれよ」を詳しく見る


おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/19 16:48 】 | 外国・英語の絵本 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑

「オットー」戦火をくぐったテディベァ

「オットー」をおねえちゃんに読み聞かせました。この絵本はユダヤ人少年の大事なくまのぬいぐるみオットーが、戦争によって色々な人の手に渡っていき、最後に友人と少年の元に戻ってくるというお話です。オットーを通して、戦争の残酷さ、恐さが描かれ、平和の大切さを実感します。ユダヤ人の迫害について触れているので、おねえちゃんには理解が難しかったようです。八月は戦争について親子で話すいい機会ではないでしょうか?夏休みにおすすめの絵本です。本当に理解するには児童向きかと思います。

>>「オットー」戦火をくぐったテディベァを詳しく見る

おすすめ度:★★★★★
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/18 23:36 】 | 夏休みのおすすめ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「めっきらもっきらどおんどん」

夏も近くなってきたので、「めっきらもっきらどおんどん」を娘達に読み聞かせました。この絵本は、だれも遊ぶ人がなく、つまらない男の子が適当に言った呪文によって、不思議な世界に迷い込むお話です。不思議な世界で一緒に遊ぶ三人組がかわいく、迫力ある絵とおもしろいストーリーに子どもは引き込まれます。もう一回と何度も読まされました。田舎の暑ーい夏を連想し、せみの鳴き声が聞こえてきそうな描写が、なんか子どもの頃を思い出し、懐かしく思ってしまいました。読んであげるなら4、5歳から、児童が自分で読んでも面白い本です。

>>「めっきらもっきらどおんどん」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★★
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/17 23:04 】 | 夏休みのおすすめ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書「あきらめないこと、それが冒険だ」

読書感想文コンクール小学校高学年課題図書あきらめないこと、それが冒険だ」を読んでみました。
著者、野口健さんの生い立ちや登山のこと、そしてどうしてゴミ拾いを始めたのかが、分かりやすく書いてあります。

野口健さんは有名な登山家でゴミ拾いをしている環境にやさしい人としか知らなかったので、複雑な家庭環境、苦労した学生時代などを知り驚きました。何よりも、一人の親として、野口健さんのお父さんの言葉に感動しました。子どもを育てるってこうゆうことなんだ、私も見習わなくては・・・。あきらめないこと、努力すること、そして、自然を大切にすることなど、たくさんのすばらしいことが書かれています。ぜひぜひ、親子で読んでみて下さい。おすすめ児童書です!!



おすすめ度:★★★★★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
2007読書感想文コンクール課題図書「あきらめないこと、それが冒険だ」の続きを読む

テーマ:絵本 - ジャンル:育児

【2007/07/17 22:46 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書「平和の種をまく」

2007読書感想文コンクール小学校高学年課題図書「平和の種をまく」を娘に読み聞かせしました。一年生の娘には難しかったようで、「どうして戦争はあるの?」としか言いませんでした。「平和の種をまく」はボスニアの少女の戦後の今を描いた、写真絵本です。写真ですからとてもリアルに少女の今の生活がわかり、少女の気持ちが伝わります。どうして戦争が起こったの?という少女の問いかけにはっきりした答えはなく、仲の良かった他民族との関係を壊し、戦争に駆り立てた人間の醜さを感じました。民族の問題は日本人には理解しにくいことですが、国際化していく日本でも、これからは他民族を理解することは必要になるはずです。夏休み、ぜひ児童に読んでもらいたい本です。(幼児や低学年の児童には難しいと思います)

>>「平和の種をまく」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/16 17:38 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書「干し柿」

おねえちゃんの通っていた幼稚園では冬になると廊下に柿をつるし、干し柿を作るのです。その干し柿を先生にもらうのが嬉しくて、おいしくて、おねえちゃんは干し柿が大好きです。ですから、この絵本を見るなり「おいしそう!!」と言いました。中学年課題図書「干し柿」は児童書というよりは写真絵本です。この写真がすばらしく、真っ青な冬空に鮮やかな柿のオレンジが映え、まさに日本の風景です!干し柿の作られる工程と子ども達が実際に干し柿を作る様子が描かれています。読み聞かせた娘の感想は「食べたい、自分で干し柿作ってみたい」でした。今年の冬はもしかしたら我が家の軒先に柿が・・・??日本の文化を知るいい本だと思います。児童だけでなく、読んであげるなら年長児ぐらいから楽しめると思います。



おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/15 23:39 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書「りんごあげるね」

読書感想文コンクール小学校中学年課題図書「りんごあげるね」をおねえちゃんに読み聞かせました。大好きなインコが病気で死んでしまった女の子の悲しい気持ちを通して命の大切さを考えさせられるお話です。おねえちゃんは途中で悲しくて、シクシク泣き出しました。我が家ではペットを飼っていないので、娘達はまだ大事な人(動物)との別れを経験していません。でもそんな経験も必要なのかもと思ってしまいました。
おねえちゃんは一年生です。今やっとひらがなの読み書きができるよになったところ(カタカナはまだなんです)ですが、「りんごあげるね」を自分で読みたくてがんばっていました。ですが中学年の課題図書なので漢字が多く、途中で断念!!「ママ、私はやく漢字が習いたい。もっと勉強したいなぁ」とポツリ。驚きました。毎日楽しく学校に通ってますが、勉強しに行っているのか遊びに行っているのか??なんて思っていました。先日テレビで、”もしも世界が100人の村だったら”という番組を観た時、貧しく学校に行けない子供達が皆、学校に行きたい、勉強したいと言っていたのがとても印象的でした。子供にはみんな、勉強したい、学びたいという本能があるのですね。学校にも行けて、恵まれている環境にいるわが子に学びたい気持ちがあることが分かり、とても嬉しく、この気持ちを上手に勉強に向けさせてあげられたらと思いました。

>>「りんごあげるね」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★☆



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/14 17:48 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「かさかしてあげる」雨、雨、雨

この頃雨ばかり、ちびちゃんは公園のブランコができなくて毎日ご不満!!でも、この頃一人でかさが持てるようになり(十五分ぐらいですけど・・・)、雨の日のおでかけも少し楽しくなりました。そんな大好きなかさの絵本を読んでみました。「かさかしてあげる」は女の子が雨に降られて困っていると、ありやかえるなどの生き物がかさを貸してくれるのです。生き物が大きくなるとかさが大きくなるのが楽しいようです。最後は犬が自分のかさを持ってきてくれてみんなでかさの行列に。雨ばかりの梅雨には、この絵本を読んで雨の中の散歩もいいですよ!!



おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/14 17:10 】 | 季節の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「七草小屋のふしぎなわすれもの」自然の力を感じます

2007読書感想文コンクール、小学校高学年課題図書「七草小屋のふしぎなわすれもの」を読んでみました。高学年向けだけあって、しっかり内容のつまった本でした。山小屋の小屋番が忘れ物を通して、山の大自然の中で不思議な体験をします。大自然に暮らす動物、風などすべてに生命を感じ、彼らの声が聞こえます。一個の忘れ物について一話、全部で六話あり、私は特に五話が楽しかったです。夏休み、この本を読んで、自然に触れるともっと自然が身近に感じるかもしれません。おすすめ児童書です!!

>>「七草小屋のふしぎなわすれもの」を詳しく見る

おすすめ度:★★★★★
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/13 10:53 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「がたごと がたごと」お客さんが変身!

「がたごと がたごと」はおねえちゃんが幼稚園の時、何度も借りてきてはまった絵本です。はじめに駅のホームの絵があり、電車が走り、次の駅に着くと・・・なんと乗客が変身しているのです!!動物になったり、お化けになったり。娘達はどの乗客がどれに変身したかを見つけるのが楽しいようです。特にお化け好きのおねえちゃんはお化けのところが大好きで、ほんとに何度も読みました。字は1ページに1行だけ!不思議な絵本ですが、おすすめです!



おすすめ度:★★★★☆




にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/12 22:11 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「しろくまちゃん ぱんかいに」ママけちんぼ!

今日はちびちゃん(未就園児です)のお友達の幼稚園(二歳児クラス・3才もOK)に遊びに行きました。色々おもちゃで遊んだ後、いっぱい並んでいる絵本から「しろくまちゃん ぱんかいに」を持ってきました。しろくまちゃんがママとお買い物にいきます。途中でポストにお手紙を入れたり、ケーキを見て「かって、かって!」とおねだりしたり、まるでうちの子みたい。ケーキをおねだりして、買ってもらえなかったしろくまちゃんが、「ママ、けちんぼ!」と言うところで、「ホント、ママけちんぼ!」と怒っていました。なんでも、いつでも買えないんだよ、我慢も大事、そんな思いが伝わるといいのですが・・・。うちのちびちゃんはこぐまちゃんよりしろくまちゃんの方が好きなようです。しろくまちゃんは女の子だからですかね?!こぐまちゃんシリーズはうちにも何冊かあるのですが、「しろくまちゃんのホットケーキ」もおすすめです。





おすすめ度:★★★★★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/11 16:32 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「アカネちゃんとお客さんのパパ」の”日曜日の学校で”はコワイ!おすすめ!

この頃、おねえちゃんはお化け話好き!ママが図書館へ行くたびに「お化けの本借りてきた?」と聞きます。だからママはいつもおばけの本を探しています。今まで読み聞かせたお化け絵本・児童書の中で一番こわかったのは、意外ですが、松谷みよ子さんの「アカネちゃんとお客さんのパパ」の中の”日曜日の学校で”です。モモちゃんとアカネちゃんが忘れ物を取りに日曜日の学校に行くと・・・、女の子のおばけに会います。戦争の悲しさとおばけのこわさでスーっとします。もっと怖い話はあると思いますが、文章も美しく、ストーリーも良いので、児童だけでなく幼い子にも読んであげられるのでおすすめです。夏の暑い日にぜひ読んでみてください。



おすすめ度:★★★★★


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/10 20:36 】 | 児童書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「もこもこ」もこ、もこもこ・・・

「もこもこ」はちょっとかわった絵本です。説明が難しいのですが、文章はもこ、もこもこで、それに合わせ絵がもこもこしていきます。絵の色がはっきりしていて、絵の形が○や△なので、赤ちゃんにはわかりやすくおすすめです。ただ、好き嫌いがでるかもしれません。うちのちびちゃんは、まぁまぁ好きぐらいですが、お友達が来た時、この絵本を読んであげてたら大ウケで、後日その子のママから「もこもこ、買いました。」とメールが来ました。単純なので読み方に工夫がいるかもしれませんが、いろんなバージョンで読んであげると楽しいと思います。



おすすめ度:★★★★☆


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/09 21:58 】 | 赤ちゃん絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書③「ぼくのパパはおおおとこ」

読書感想文コンクール小学校低学年課題図書である「ぼくのパパはおおおとこ」をおねえちゃんに読み聞かせました。読み終わった後、「心のお話だね・・」とポツリ。男の子がパパはとっても大きく、パパの腕の中ならこわいものは何もない、パパは僕を大好きなんだ、という愛情たっぷりのお話です。我が家のちびちゃんは、大のママっ子です。あまりの密着に、勘弁してよ~と思ってしまうこともあります。でも、ちびちゃんはママのことこんな風に思ってくれているのかな・・?、もっと密着しちゃおうと思いました。児童だけでなく、幼児にも楽しめる絵本です。

>>「ぼくのパパはおおおとこ」を詳しく見る

おすすめ度:★★★☆☆



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/08 23:52 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「しゃっくりがいこつ」

おばけが大好きなおねえちゃんに「しゃっくりがいこつ」を読み聞かせたら、おおうけ!!しゃっくりの止まらないがいこつが色々な方法でしゃっくりを止めようとしますが・・・、がいこつなので・・・。字も少なく、ほとんどがヒック、ヒック。単純だけどおもしろい!読み聞かせにおすすめです。



おすすめ度:★★★★☆



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/07 23:43 】 | 外国・英語の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書②「おじいちゃんのごくらくごくらく」

「おじいちゃんのごくらく ごくらく」も読書感想文コンクール小学校低学年の課題図書です。おふろに入るとごくらくごくらくと言うおじいちゃんと孫の男の子の話です。おじいちゃんの孫への愛情、おじいちゃんを気遣う男の子の気持ち、とても感動します。子供達と大事な人との別れについて話してみるのもいいかもしれません・・・。少し悲しいけど。児童だけでなく、幼児にも楽しめる絵本です。



おすすめ度:★★★★★
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/07 01:59 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑

2007読書感想文コンクール課題図書①「はっぱじゃないよぼくがいる」

「はっぱじゃないよ ぼくがいる」は2007読書感想文コンクール・小学校低学年の課題図書です。字も文章も少なく、はっぱのかわいい表情を楽しむ、写真絵本です。お姉ちゃんに読み聞かせると、始めの数ページはぼくを見つけられなかったのですが、わかりはじめると楽しく、ほのぼのとした気持ちになれます◎ 表情や感情は目で感じ取るんだなぁ・・・と思った絵本でした。児童だけでなく、幼児にも楽しめる写真絵本です。



おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/07 01:39 】 | 2007読書感想文コンクール課題図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「だいじょうぶだいじょうぶ」大人がホロリ・・・。

「だいじょうぶだいじょうぶ」は幼稚園の年長組、最後の読み聞かせで読みました。赤ちゃんだったぼくがおじいちゃんと外の世界にふれながら成長していきます。そして大きくなったぼくは、今度はおじいちゃんに・・・。絵はほのぼのしていて、字も少なく幼児向けの絵本のようですが、大人がホロリします。ぜひぜひ、みなさんに読んでもらいたい絵本です。読み聞かせでは、反応はまあまあ。子供には難しいかも・・・。



おすすめ度:★★★★★
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/04 16:25 】 | 幼稚園で読み聞かせた絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「うんてんするのはだあれ?」3回連続読みました・・

「うんてんするのはだあれ?」この絵本はおもしろい!!ちびちゃんがよろこんで、3回連続読まされました。自動車と何人かの運転手が描かれていて、運転するのはだあれ?と質問する単純な絵本ですが、自動車の種類と運転手の服装でだれが運転するのかあてるのです!ちびちゃんは全部があたるまで何回もおねだりし、ママに拒否されると、自分で「だあれ?」と言いながらページをめくっていました。車の絵本ですが、男の子でも女の子でも楽しめると思います。



おすすめ度:★★★★☆
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/03 23:34 】 | 日本の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「くまのコールテンくん」おもちゃの気持ち・・・。

明日は娘の誕生日!きっといっぱいプレゼントをもらいます。ですから今日は「くまのコールテンくん」を読み聞かせました。この絵本は、だれかのくまになりたいコールテンくんが、気にってもらうために、なくしたボタンをさがし、デパートの中を探検します。そして、最後に女の子のくまになることができ、とても喜ぶというお話。ぬいぐるみの気持ちがかわいく、お人形やおもちゃってこんなふうに思って我が家にやってくるのかなぁと思っちゃいます。ですから、子供達にも、お人形やおもちゃ、色々なもの達を大事にしてほしいなって思います。きっと明日、我が家にリカちゃんがやってきます。犬のぬいぐるみも来るはずです。娘にはみんな大事にかわいがってほしいです。



おすすめ度:★★★★☆ (4歳ぐらいから)

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/01 21:25 】 | 外国・英語の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

「地球のてっぺんに立つ!エベレスト」

娘が合宿で登山をすることになりました。山なんてへっちゃら!みたいに言うものだから「地球のてっぺんに立つ!エベレスト」を読み聞かせました!!効果は絶大!山ってこわいんだ~、大丈夫かなぁと急に不安になったようです。大丈夫、大丈夫、あなたの登る山は低いから・・。山のてっぺんでは空気が薄いことや、寒すぎて指先が凍傷になることなど娘にとって新しい発見がいっぱいあった絵本のようでした。絵本といっても内容は難しく児童書の部類に入ると思います。絵は貼り絵ですが、写真だったらもっとよかったかも?と感じました。



おすすめ度:★★★☆☆ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 他の絵本読み聞かせ情報もみてみよう!
スポンサードリンク
【2007/07/01 00:12 】 | 児童書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。